FIELD KSX
加曽利 康之のブログ。 日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらつら
いったんは書き込み削除してもらったのですが…やっぱりもう一度書くことにしました!
それくらいインパクトある出来事だったので…。

実は…

昨日仕事先のビルで緊急事態が発生しました。

夕方のことです。
ksxはとあるビルの中層階におりました。
その時突然、火災警報機が鳴り出したじゃないですか。

と、ここまではこれまでの人生で経験済みの出来事。
で、動揺はなし(^^)v

ところがです。
ここからが問題。
すぐその後アナウンスが入りました。
それも機械に録音された警告アナウンス…。

「一階で火災が発生した恐れがあります。現在調査中です。次の放送にご注意ください…(リピート)」

何だか不穏な展開…(ーー;)
妙に具体的だし。
まさかっ!?
ありえないっ!?

次の瞬間でした。
突然けたたましいサイレンが鳴り始めたのは…。

そして切迫したアナウンスが流れたのです。

「火事です!火事です!一階で火災が発生しました。直ちに避難してください。避難してください!!火事です!火事です…(リピート)」
うそっ?
マジ?
やだっ、一階だって!?
え~~~~~。
そんなの困る、逃げられないじゃん!?
うぐっ~~~。

さすがのksxも…天ぷらになりました\w(゜o゜)w/

なんでこうなるの!

たまたまフロアには他に誰もいなかったので、恐怖と不安はどんどん拡張されていきました。

譜面と資料はそのままにして(←あれまぁ…>_<)、財布と携帯は持って(←やっぱこれは大事よね…f^_^;)、避難です。

ところが…。
フロア入口(出口!?)のドアがロックされて開かないの…。
うんともすんとも言いません。
ksx閉じ込められてしまいました…(:_;)
映画みたいな展開!
心臓バクバク。
右往左往。
ピンチを前にした人間のなんと弱いことよ!
あ~あ。

でもここからが肝心です!
一瞬うろたえ我を失いかけましたが、次の瞬間には生き延びる手段をあれこれ考え始めていました(←この展開自体が今思うとと~っても滑稽なのですが…汗)。
と同時にホントの火事じゃなかった時のことも想定し始めました(←これはホントもう大正解です。ドアやガラス割らなくて良かった…^^)。
オートロックと思しきドアを発見した時にも、側にあった置き石で、閉じないようにしてから逃げるという周到さ。
必死なんだけど…意外と冷静だったのでしたよ…。

結局、決死の思いで裏階段から外へ脱出に成功。
そしてフェンスをよじ登って逃げました。
助かったぁ~\(^O^)/

下界では人々が集まり騒ぎになっておりました。
そうこうしてるうち火災ではなかったことが判明。
そんなぁ…(@_@)~*

友人に顛末を話したら大笑いされてしまいました(*_*)

おかげさまで今回は事なきを得ましたが、動揺して冷静な判断力を失うとそのことで怪我などしてしまうこともあるわけですから…。
パニックになって階段転げ落ちたりとかしたらシャレにならないでしょ?

もしかして例の大停電の後遺症なのかもと思いました。

いずれにしても、普段から非常事態に関してシミュレーションしておくことって大事ですね。

避難経路も調べておいた方がいいと思う。

教訓!

そしてまた一つ強くなってしまった気がするksxでした。

でもマジでビビりました。
怖かったぁ~!!

さて気を取り直しましょう。

今日は物ぐさ太郎ksx、ミュージカルの仕込みはお休みして買い物に行きました。

これから家へ遊びに来てくれる人々をもてなすための料理の研究。
明日その予行演習をするので、必要な調理道具を買いに行ったのです。
この話の続きはまた。

そして有楽町にプリンターをゲットしに。
以前プリンターを購入した時は10年近く前だったのですが、知らない間に随分安くなったこと。
今回はプリンターとカラーコピー、スキャナーまでついた複合機をセレクト。
譜面ソフトをデビューさせるので、それに向けての準備ざんす。
換えのインクから普通紙、光沢紙、L判のプリント用紙まで揃え、準備万端。
やるときゃやります!

そしてそして、3日ほど前電話で問い合わせて今日やっと光ファイバーの回線の申し込み用紙を送付しました。
なんでこんなんに3日もかかんの?

ホントに物ぐさでしょ?

物ぐさなところがあるのは音楽に関しても同じ。
仕込みや譜面書きは実はだいっきらいだし…。
五線紙買うのも面倒くさいし、線を引くのもイヤ…(^_^;)。
そこへいくと即興なんて何も準備せ~へんでもえ~から好きなんですわ~。

いい風に誤解されてるけどksx、ホントはこんな生き物なんです。

でも物ぐさ太郎なりにこつこつ、こつこつ粘り強く築き上げていく根性というか執着心だけはある。
それと僅かに要領の良さも(^O^)v

なんだかんだと言って、少しずつシステムが出来てきました。
いったんペースが出来てしまえばこっちのもの。
やはり、波に乗るということが大事なのですよ。
それと継続性ですな。

ksx並に物ぐさな方も一緒に頑張りましょうね。

そして70年代の迷演奏「気まぐれギニョール」のテープを聴いたとのコメントいただきました。
なつかしいですね。
あの曲はスタジオ録音一発録り。
録音はテイクワン・オンリーでした。
観客もいたので、スタジオ・ライブ録音みたいなものですね。

楽器はGX-1というエレクトーンで、当時本体だけで700万円もしました。
キース・エマーソンやスティービー・ワンダーそれに確かアバも使っていたはず。
ある意味30年前の方が進んでいた部分もあるんですね。
エレクトーンとはいえ、アナログ・ポリフォニック・シンセサイザーの元祖のような楽器だったのですよ。

何だかつらつら書いてしまいましたm(__)m

外で真っ黒に焼けたお友達も、室内で作業に勤しむ方々も、それぞれの夏…引き続き元気にお過しください。
スポンサーサイト




プロフィール

ksx

Author:ksx
加曽利 康之

青山学院経済学部卒業。
インターナショナルエレクトーンフェスティバル’80 グランプリ受賞。
エレクトーン演奏グレード1級。

ポップなメロディーセンスと透明感のあるKSX(カソリックス)サウンドで多くのファンを魅了し、常に時代の流れを作ってきた。NHK「ニュースワイド」を始めとするTV音楽制作や世界フィギュアスケート選手権、世界フリースタイルスキー選手権モーグル、ワールド・ゲームズ等のスポーツ・ビッグ・イベントへの登場。さらに亜門版ミュージカル「ファンタスティックス」での演奏や音楽監督をつとめた「ゴルフ・ザ・ミュージカル」(東宝・PARCO)などでも大きな話題を呼ぶ。また教則本「魔法のレジスト」等の出版や即興演奏シリーズ「200曲制覇マラソン」を敢行するなど、独特のスタンスでエレクトーン界をリードする。近年では都立桐ヶ丘高校、横手清陵学院の校歌も手がけており、メロディーメーカーとしての評価は高い。

キーボード・ユニット FUNKY FOX での活動もおなじみ。今年結成20周年を迎える。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

QRコード

QR

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。