FIELD KSX
加曽利 康之のブログ。 日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSXの予言が当たりました(←予言はオーバーでしょうが!?)。

大輔君日本男子初のワールドチャンピオン\(^O^)/


ライサチェク(バンクーバー金)もプルシェンコ(同銀)も、そしてランビエールもウィーアーもエントリーしていない今大会…その段階で金メダル最右翼と目されてしまうわけで、これは闘いやすいどころか実は大変な試練だったと思うのです。

だって、試合はもともと自分との闘いに勝つか負けるか…最強のライバルがいなければいよいよもって自身との闘いになるわけで、それに潰されてしまうことだって多いはず!

ましてや…世界選手権には思わぬ伏兵が潜んでいることもあるし、だいたいが元世界王者のクワド(4回転)キング ジュベールや前年の銀メダリスト チャンもいるのです。
ライバルでもある同僚日本勢だって…。

簡単に勝たせてくれるはずなどない!
皆、虎視眈々とトップの座を狙っているわけで…。


そんな中高橋大輔、華があり風格がありました!
名前をコールされた時から嘘のない笑顔で、実に晴れやかな表情。
KSX感服致しました。



いつもは仕事柄放映タイムに家にいないし、あるいはドキドキするからという理由で試合はリアルタイムで観ないのですが、今回は自分も成長しなければと思いました(笑)

で一つの賭けを…。

昨晩、いつも寝る前にやっている足を浮かせた状態での腹筋35回を50回クリアーできたら、KSXがリアルタイム観戦しても大ちゃんは勝てるという賭けに出て見事クリアー(笑)

で今朝5時に起きて生放送を観たわけです(^^)v

最初はドキドキして「自分がステージに立つ方が100倍楽」などと思ったのですが、気持ちのいい滑りに次第に力みが抜け、気がつくと思い切り拍手していました。


今日とてもよかったなぁと思ったのは、表彰セレモニーを待っている間、大輔君を挟んで両脇に銀のチャンと銅のジュベールがいて、3人でにこやかに談笑しているシーンを観れたことです。

確かジュベールとチャンは4回転論争で渦中にあった間柄のはず。

その二人が、今回両足着氷ながらも史上初の4回転フリップに挑み、表現力でも他を圧倒したオールマイティな新チャンピオンを通じて一瞬わだかまりが解けたようにKSXには感じられてとてもうれしかったのでした(*^O^*)



しかしこの分析、我ながらオタッキーですなぁ(^_^;)


さてただ今秋田行き新幹線車中です。
夏に発刊予定の新作曲集のアレンジに勤しむ毎日。
30周年イヤー、ぼちぼち始動です!
スポンサーサイト




プロフィール

ksx

Author:ksx
加曽利 康之

青山学院経済学部卒業。
インターナショナルエレクトーンフェスティバル’80 グランプリ受賞。
エレクトーン演奏グレード1級。

ポップなメロディーセンスと透明感のあるKSX(カソリックス)サウンドで多くのファンを魅了し、常に時代の流れを作ってきた。NHK「ニュースワイド」を始めとするTV音楽制作や世界フィギュアスケート選手権、世界フリースタイルスキー選手権モーグル、ワールド・ゲームズ等のスポーツ・ビッグ・イベントへの登場。さらに亜門版ミュージカル「ファンタスティックス」での演奏や音楽監督をつとめた「ゴルフ・ザ・ミュージカル」(東宝・PARCO)などでも大きな話題を呼ぶ。また教則本「魔法のレジスト」等の出版や即興演奏シリーズ「200曲制覇マラソン」を敢行するなど、独特のスタンスでエレクトーン界をリードする。近年では都立桐ヶ丘高校、横手清陵学院の校歌も手がけており、メロディーメーカーとしての評価は高い。

キーボード・ユニット FUNKY FOX での活動もおなじみ。今年結成20周年を迎える。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

QRコード

QR

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。