FIELD KSX
加曽利 康之のブログ。 日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うざかったら読み飛ばしてね(^^)/
女子フリー凄かったね。

みな頑張りました!
キム・ヨナ完璧。
ミキティも鈴木明子ちゃんも良かった。
ロシェットも長洲未来も良かったね。


真央ちゃんの気迫の演技…心を打つものありました!
色々言われたけど、ラフマニノフの「鐘」を選んだ意図もよ~くわかったし。
重厚な響きでかなり場内も盛り上がっていたし、選曲決して悪くはなかったと今回初めて感じました。

真央ちゃんのフリーの点数は131点で、150点台という男子並の得点のキム・ヨナに大差をつけられてしまいました。

きっと、メダルの色よりもその点数の差に心を痛めているのではと思うのです
(+_+)


3アクセル2発決めても勝てないのかという意地悪な論調もありそう。

果たしてそうなのか!

明日の新聞を見れば得点分析が載っていると思うのですが待ち切れず、僭越ながら素人のKSXが独断と偏見で分析をさせていただきますm(__)m


「真央ちゃんがノーミスだったらスコアはどのくらい出たか?」

「キム・ヨナとの差は…?」


◇3アクセルは単発、コンビネーションとも認定されダウングレードなしと解説では言ってました。
SPから数えると3発成功は素晴らしい(^^)v
この次から3アクセルの基礎点上げてくださいm(__)m


◇3フリップ+2ループ+2ループの、最初のフリップがこけたのでダウングレードされたと仮定して、

3フリップの基礎点 5.5
2フリップの基礎点 1.7

演技後半なので×1.1になるので、

(5.5-1.7)×1.1=4.18点
出来栄え点(GOE)が2点程引かれたとして、

このコンビネーションでのマイナス 6.18点(1)


◇3トゥループがトゥを引っかけて完全に抜けて1回転になってしまった。

3トゥループの基礎点 4.0
1トゥループの基礎点 0.4

損した分(4.0-0.4)×1.1=3.96
出来栄えも2点程引かれたとして…

この要素でのマイナス
5.96(2)


◇5コンポーネンツはキム・ヨナの平均9点台に対して8.3点

3アクセル踏切までの助走が長くならざるおえず、それが2発あるので技のつなぎ点がキム・ヨナより伸びにくい。

また「鐘」の曲調がやや暗い為、ミスが出た時に音楽の解釈点が伸びにくいと推測(北米は華やかな、いかにも盛り上がるというのが好きだからね)。


上記2ジャンプ要素をこなしてノーミスだったと仮定すると5コンポーネンツ平均0.3程度伸びたとして、

0.3×5×1.6(5コンポーネンツの係数)=2.4(3)


※ノーミスで増えたと思われるポイント
(1)+(2)+(3)=14.54

これらをまとめると、

131+14.54=145.54
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

後半の2つのジャンプを持ちこたえていれば、キム・ヨナの150点には及ばないものの145点はいけた可能性があり、SPと合計で220点弱になったと前向きに推測!


トリプルアクセルだけがポイントなのではなく、後半の2つのジャンプの取りこぼしによりキム・ヨナに「技術点で」14点もの差をつけられたこと、振付のちょっとした工夫の差、曲の重さなどのマイナス・イメージで少し惜しい結果になったのではないかとKSXは分析。



なので、結果的に大差はついてしまいましたが今後に大いなる可能性を示したと思います!


日本人は単純にアクセルのことばかり注目しがちですが、真央ちゃんがすべての要素をきちんとやり切った上で伝家の宝刀「3アクセル」を出してダメ押しするというのがいいと思うのです(*^_^*)

そしてルッツもサルコウも入れて、3アクセルのあとのコンビネーションは3トゥループにして、得意のループを4回転にして欲しいです(笑)

プログラムも重厚なもの、それから可憐なものと2種類をSPとフリーで演じ分けてもおもしろいと思うのです。

そしてそのときは是非「ケルティック・ロマンス」も使って欲しいです(大笑)



試合の直後は泣いていましたが、その後可愛らしい真央ちゃんに戻って…まだ世界選手権もあるし…これからも応援しますよ!!!
スポンサーサイト




プロフィール

ksx

Author:ksx
加曽利 康之

青山学院経済学部卒業。
インターナショナルエレクトーンフェスティバル’80 グランプリ受賞。
エレクトーン演奏グレード1級。

ポップなメロディーセンスと透明感のあるKSX(カソリックス)サウンドで多くのファンを魅了し、常に時代の流れを作ってきた。NHK「ニュースワイド」を始めとするTV音楽制作や世界フィギュアスケート選手権、世界フリースタイルスキー選手権モーグル、ワールド・ゲームズ等のスポーツ・ビッグ・イベントへの登場。さらに亜門版ミュージカル「ファンタスティックス」での演奏や音楽監督をつとめた「ゴルフ・ザ・ミュージカル」(東宝・PARCO)などでも大きな話題を呼ぶ。また教則本「魔法のレジスト」等の出版や即興演奏シリーズ「200曲制覇マラソン」を敢行するなど、独特のスタンスでエレクトーン界をリードする。近年では都立桐ヶ丘高校、横手清陵学院の校歌も手がけており、メロディーメーカーとしての評価は高い。

キーボード・ユニット FUNKY FOX での活動もおなじみ。今年結成20周年を迎える。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

QRコード

QR

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。