FIELD KSX
加曽利 康之のブログ。 日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピー・プラネタリウム
高崎市少年科学館プラネタリウムでのスペシャル・コンサート、無事に終了しました。



いや~、一言…とても幸せでした(≧∀≦)/



演奏しながら天を見上げて、星の瞬きや惑星の雄姿、そして映像の煌めきetc.を満員のお客さんと一緒に味わい、目に焼き付けました。

Starry Nightの2コーラス目のサビに行く瞬間、流れ星☆が走ったのをKSX見逃しませんでしたよ(^o^)/
大感激です!!




出かける前は、「何となく想像はつくけど、実際のところどんな感じになるんだろう」…なんて思ったりしてましたが、実際に体感してみて醍醐味がよくわかりました。

スタッフの方のプラネタリウムに対する愛情がひしひしと伝わってきます。
いろいろと相談しながら、リハーサルで全体の流れを作り上げていきました。

サイン会に並んでくださったたくさんのお客さんの反応を直接聞くにつけ、いい形でのエレクトーンとプラネタリウムのコラボレーションになったのではないかと思うKSXでした。

スタッフのみなさん、どうもありがとうございました。

星をきれいに見せる為に、STAGEAの液晶の光量を最少にしぼったり、照明をおとしてほとんどベースが真っ黒で何も見えない曲の時もあったりしましたが、KSXそういうのはへっちゃらな方なので、それらもみな含めて達成感がありましたです(^o^)v




アンコールでは、プラネタリウムの仕込みの最中にふと浮かんだ新曲の3/4拍子のバラードを初披露しました。

まだ名もない曲。

金曜の晩に降ってきたメロディーです。
自分の曲にしてはめずらしいくらいシンプルでちょっと切ない感じ。

2006年に感じた数々の悲しみを洗い流すような気持ちで書き上げました。




実は今日の仕事、出産の為休職する現担当マネージャーとの最後の現場でした。
有終の美を飾れたのは良かったですが、とても寂しい気がします。




プレイヤーの松本玲子さんも観に来てくださいました。
他にも15年ぶりくらいの懐かしい再会もありました。
パパになってたけど、以前より若々しくなってたのにはうれしくなりました。



また今回のようなプラネタリウムとのコラボが実現するといいなあ。

色々な思いにかられながら、KSX今年最後のコンサートが終わりました。




「星と音楽の夕べ」 Set List


1. ハリー・ポッター
2. アディオス・ノニーノ
MC
3. His Story
4. チャングム・メドレー
MC
5. 花
6. ドンパン節
MC
7. mission complete
MC
8. Starry Night
9. White [Passion] Christmas
MC
10. ツァラトゥストラはかく語りき~未知との遭遇~Milky Way(シンフォニック・アドベンチャー・バージョン)
11. Twinkle Twinkle Little Star

Enc. New Title
スポンサーサイト




プロフィール

ksx

Author:ksx
加曽利 康之

青山学院経済学部卒業。
インターナショナルエレクトーンフェスティバル’80 グランプリ受賞。
エレクトーン演奏グレード1級。

ポップなメロディーセンスと透明感のあるKSX(カソリックス)サウンドで多くのファンを魅了し、常に時代の流れを作ってきた。NHK「ニュースワイド」を始めとするTV音楽制作や世界フィギュアスケート選手権、世界フリースタイルスキー選手権モーグル、ワールド・ゲームズ等のスポーツ・ビッグ・イベントへの登場。さらに亜門版ミュージカル「ファンタスティックス」での演奏や音楽監督をつとめた「ゴルフ・ザ・ミュージカル」(東宝・PARCO)などでも大きな話題を呼ぶ。また教則本「魔法のレジスト」等の出版や即興演奏シリーズ「200曲制覇マラソン」を敢行するなど、独特のスタンスでエレクトーン界をリードする。近年では都立桐ヶ丘高校、横手清陵学院の校歌も手がけており、メロディーメーカーとしての評価は高い。

キーボード・ユニット FUNKY FOX での活動もおなじみ。今年結成20周年を迎える。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

QRコード

QR

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。