FIELD KSX
加曽利 康之のブログ。 日々の出来事を綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(^_^)/
3月ももうすぐ終わり。いよいよ4月ですね。
あっという間に1年の4分の1が終わってしまいました。

これから各方面で新しく始動する方多いのではないでしょうか。

学業だったり、仕事だったり…。
新しい地に根をおろして頑張っていこうという方もきっといますね。

充実したシーズンになりますように!

さてめっきり春やいだ装いの中、KSXのもとに「入学式」の案内状が届きました。
以前校歌を作曲した秋田県立横手清陵学院中学校・高等学校です。

学院のHPに行ってみたら校歌の歌唱がアップされていました(概要から入るといけます)。

http://www.seiryou-h.akita-c.ed.jp/

多分男子学生の面々が歌ってくれたんだろうなぁ。
とても感慨深い気持ちになりました。
実は学校に届けるデモ音源を制作したときは、冴っちやマネージャーも一緒に歌ってくれたんですよ(笑)

それにしてもこれからず~っと歌い継がれていく校歌を作曲できるなんて、音楽家冥利に尽きると思いませんか?

今日から長旅の為残念ながら今回は出席できませんが、次の機会には是非と思いを強くしています。

みなさんも聴いてみてくださいませ(^O^)v

ちなみに東京都立桐ヶ丘高校の校歌も書いているんですよ。
ちょうどBeat in 2000のツアーの頃書きました。

どちらの学校もそれぞれ新しいスタンスで教育に取り組んでいます。

様々な分野が存在し、また日々色々な変化もあります。
まだまだ知らないことが世の中にはいっぱい!

見聞を広げる新しい季節のスタート。
まずは北の大地、北海道へ行って参ります。
スポンサーサイト
探検
20070330231706
20070330231407
20070330231008
20070330230708
20070330230311
20070330225605
20070330225040


今日は月エレの連載「レジストマスター」がリニューアルするので、その編集会議が渋谷でありました。

行きは六本木ヒルズ経由で歩き、帰りはオープンしたばかりの東京ミッドタウンを引っ掛けてきました。

ミッドタウン、なかなかよかったですよ!
とても賑わってましたけど、その割にゆったりしてるし…。
休憩用の椅子が随所にあってしかもいいセンスだったのもポイント高い(^O^)v

全体的にシンプル・モダンと和の融合といった印象受けました。

老舗のとらやや磁器の店、お箸の店なんかもありました。

インテリア関係も充実してるし、地下にはパリでも注目の日本人パティシエのスウィーツの店なんかもあって、KSX眺めてるだけで幸せな気分になりました。 

写真一番下はなんだかわかる?

ぬぁんと喫煙室(^0_0^)

最近愛煙家は肩身が狭いけど、これかなりイカシテるよね。

しかし東京はどんどん変化するね。

なんだか東京だけずるい気もするけど!?…でもNYや上海やドバイに負けないように頑張って欲しい気がする…f^_^;

3月にこれくらい東京にいれたのはホント学生時代以来です。

普段日本全国を渡り歩いているから、色々な変化を体感してる口だけど、一つの土地に留まって季節の移ろいを感じるなんて、久しぶりの体験だったような気がします。

明日からは10日間の長旅だす。

北海道⇒大阪⇒秋田

PCも原稿も持ち込んでホテルの作業デスクと友達。

頑張ります!


満開
20070330220705
20070330220004
20070330185306
20070330184906
20070330154522


東京はいよいよ満開です。
六本木ヒルズ前毛利庭園の桜。
夜桜もきれいだよね。
スペシャル・ライブ
世の中色々と大変なことが起こりますね(>_<)
元気に仕事ができているだけでもありがたいこと…とつくづく思う今日この頃。

さて、来月28(土)神戸にてVery very specialなコンサートを行います!

http://www.yamahamusic.jp/kobe-s/concert/index.php?mode=detail&id=89

スマメもフラッシュ・メモリーも一切持ち込みなし。
事前にデータを全く用意せず、STAGEAの電源をオンにして全くサラの状態からワンステージ弾き倒します!

なんとも躍動感のあるステージ!?
と同時に、恐ろしい企画w(゜o゜)w

それをKSX果敢にも受けてしまいました…(^-^)

本来前もってデータなど用意しなくても演奏できるのが楽器の本筋。
とはいえ、ソロ演奏でありながら複数のパートを同時にコントロールした作品の完成形を聴かせるという、善くも悪くも独特なエレクトーン音楽にとって、プログラミングは不可欠なのも事実。

そこを、今回180度コンセプトを変えて演奏致します。

せっかくの機会なので、この企画でしか演奏できないナンバーをお聴かせできたらいいなと思っています。

KSXの音楽の原点である、子供の頃慣れ親しんだナンバーもいいし、フィギュア・スケートの滑走曲でもいい。
リクエストもらってもいいし、モチーフ即興やってもいいね。

その時のノリで何でもありでいきましょう!

この企画でしか聴けない瞬間の音楽の息吹をお伝えできるとうれしいなぁ~o(^-^)o

興味のある方は4/28に神戸に集合だす(^0_0^)


新作へ向けて
今日は久しぶりにFF揃い踏みでした。
雅叙園で飲茶ランチをしました。
そこで偶然ファンの方にあったりもして(^^)/

レコーディングの日程も決まったので、いよいよ始動です。

新作楽しみにしててね!

種々打ち合わせこなして最後はスタッフと宴の夜でした(^O^)

そして今、連載締め切りで必死のKSXでした。




ワン・ツー・フィニッシュ
ミキティ、真央ちゃんよかったね(^O^)v

それぞれのコーチと抱き合って感涙に咽ぶ姿を見たら、不覚にも(:_;)が出てしまいました。

内面ではきっといろいろな思いがあるんだろうけど…。

頂点を極めたら、それは追われる立場としての苦しい道の始まりでもあるし、悔しい思いはそれが糧になって次の大きな喜びにつながるものだから…。

実は終わった瞬間にもう次のステージが始まってるんだろうなと思います。

KSX、キム・ヨナが好きになりました。
マイズナーも気さくで好感が持てます。

中野選手も、これから世界選手権を狙う他の日本選手も、みんなまた来年頑張って欲しいなぁ。

今回の中継を見て、日本人って公平だし気のいい国民だなぁと思ったけど、それはとてもいいとして…あの「チャルダッシュ」の時のテンポを無視した手拍子はなんなのだ…f^_^;

音楽的知識というよりは、文化的教養。
あのフレーズが出てきたらaccel.するのは定番中の定番。
これは異文化への理解度の問題であ~る(←厳し~い)、な~んてね(^^)

アリーナのディレイ効果とあいまって、真央ちゃんリズムもテンポも一瞬取れなくなったのではないかと気をもみました(>_<)

なんでもかんでも手拍子は良くないよね。

ま、ここでこんなこと書いてもしょうがないんだけど…やっぱり「リズム感」ってスポーツにも、勉強や生活にも大いに関係があるものであり、大切なものだと思うのです

キープしたり間合いをとったり、畳み掛けたり休んでみたり…。

みんなでリズムに強くなろう!…特にエレクトーン・ピープルは\(^O^)/

みなさん、つたない解説でしたが少しは競技内容の理解につながりましたか?

次はステップやスピンの種類、様々な表現方法、はたまた色々な背景などに精通すれば、バンクーバー五輪の頃にはかなり面白さが増すはず!
女子SP終了
20070324192603



東京は一気に春らしくなりました。
暖かい空気が周囲にあふれて…。
季節の移ろいはなんだか不思議です。

そして仙台に移動してきました。
空気がまだひんやりしています。
桜はまだ少し先…。

さて、女子のSPはやや波乱の幕開け。

真央ちゃん、ループがすっぽ抜けちゃいましたね。

あれだからトウを突かないループはこわい(*_*)

トップのキム・ヨナ選手の71.95点というのはかなりのインパクトがありました。
これまでの女子で70点の大台を越えたのは、1度か2度あったかなぁというくらいでしたから…。
本人もすんごく驚いてましたもんね(^^)
他の選手にも相当プレッシャーかかっただろうね。

ミキティのシェエラザードの時、手拍子が起きたでしょ?
でも6/8拍子なのに4拍子で叩いてんだもん、あれはまずいよ~~~。
曲を見失っちゃうかも(-.-;)
プログラム・コンポーネンツに音楽の解釈っていう項目もあるんだから、なんでもかんでも応援したり盛り上げたりはちょっとね・・・気持ちはわかるけど(^_^;)

とにかくフリーはみなさん更に気持ちよく滑ってもらえますように!

さて解説続き。

フィギュアの通の人は、それはそれはすごい知識を持っています。

でもこのblogを訪れるのは基本的に音楽畑の人間かファンの方ですから、KSXくらいのレベルでちょうどいいか、まだ難しいくらいですよね。

励ましのコメントもいただいたのでもうひと踏ん張り。

ジャンプ以外にもスピン、ステップと要素がありますが、それぞれレベルが1~4まであり基礎点が変わってきます。
レベル4が最高レベル。

例えばスピンのポジションが悪かったり、規定の回転数をクリアできなかったりすると、レベルが一気に3つくらい落ちてしまうことも。

それぞれのレベルに対してさらにGEO(実施点)の加点・減点があるので、まずはどのレベルに認定されるかはとても大きいんですね。

緊張したりバテたりして体のキレが悪くなって、スピードが落ちたり回転軸がぶれたりするともったいないので、ここは一つしっかりと(^O^)v

KSX、何年かに一度すんごく緊張する本番あります。
新機種の全国ツアーとか舞台の初日とか…。

そんな時どうするかというと、誰も見てないところで深呼吸して、そのあと思いっきり(鏡とかに向かって)作り笑いをするのだ…f^_^;
覇気のない笑いではなく、かなり力強く笑うの!

例えば四半世紀も演奏家やってると、どんなに緊張してても人前で微笑むことができます。
でも血の気のない笑いではダメなのです。

自分を鼓舞して、意思のある笑いをしないと…。
これ医学的にも実証されてるそうだから、きっと効果ありますよ!
何かのおりにお試しあれ。

くれぐれも人がいないところで笑ってね(←不気味だけど!?)。
で、本番が始まったら不必要な、気持ち悪い作り笑いはしないこと。
これ鉄則!

リンクに出る前に廊下で精神統一してるところ、カメラで追わなきゃいいのに…なんて思うのKSXだけ?

明日は安藤選手が4回転を跳ぶかもしれません。
クワド・サルコウ。
安藤選手のサルコウは踏み切りがわかりやすいから注目してね。
トウを突かずに、両足内股気味の「ハ」の字が目印ですよ!
祝・メダル
いやあ、TV観てて緊張して震えてしまいました。

自分が滑るわけでもないのにね~f^_^;

でも一応本番の怖さというもの身を持って知ってるから…。

シンクロもそうだけど、フィギュアってスポーツとしての緊迫感だけじゃなく、ショーや舞台の本番にも通じるある種違った緊張感もあるじゃないですか。

滑る前の選手の気持ち、考えただけでKSX何も手につかなくなってしまいました。

そんな中、

やったね~、大輔君銀メダルおめでとうございま~す\(^O^)/

しかも織田君との合計順位が13以下なので、日本は来年の出場枠3つを確保!
これで後に続く選手の道が開けました。
よかった、よかった!

ランビエール色気ありましたね。看板のラスト高速スピンが圧巻。
ライサチェクは手足が長くて見栄えがします。
ジュベールもカッチョいいです。
みんなそれぞれの持ち味がありますね。

悲喜こもごも試合ではいろいろあります。
最終グループの滑走順、KSXいろいろ感じるところありました。

見かけとは違いヘビーなスポーツだ。

さて、みなさん結構疲れるのに解説文読んでくださっているようでありがとうございますm(__)m

友人もblogチェックしてから観戦…でもTVの前だとわかんなくなると言ってました…f^_^;

なんで詳しくなったのかというと、やはり22年前の前回東京開催時に仕事をした経験が大きい。
NHK杯も数回。

実は今日の世界フィギュアの表彰式の時、22年前にNHK杯用に録音した曲が流れていてびっくりしましたw(゜o゜)w

まだ使ってくれてる~!

KSXの作曲じゃないのですが、その時コンビを組んだ友人ミュージシャンと一緒にスタジオで録音した時の音源です。

あれエレクトーンですよ、FX-1。

懐かし~い!

KSX、再びフィギュア界にカムバックできるように頑張りたいと思います!?

別に誰に頼まれた訳でもないのにblogで解説し続ける変わったおじさん…いやお兄さん(汗)

でももはや引っ込みがつかないのでこのまま最終日まで続けさせていただきます。

さて明日はいよいよ女子SP(ショートプログラム)。

明日はコンビネーション・ジャンプが一つのポイント。
これが3-3になるか3-2になるか。

ミキティは3ルッツ-3ループ、真央ちゃんは3フリップ-3ループとくるはず。

安藤選手のコンボが最高難度で基礎点が高いけど、これにどれくらい上手くこなしたかのGEO(実施点)の判定が加わります。

セカンド・ジャンプがループなのはこの二人だけ。

最初のジャンプを跳んだあと、トウを突かずに、間髪入れずクルッと回転が入るから、他の選手のジャンプと違うのがわかります。
基礎点が上がります。

ルッツも女子のは助走が長くわかりやすいので見てみてね。

あとはスパイラルのとき、ちゃんと姿勢が3秒以上保持できてるか、エッジのチェンジがスムーズかなんて渋いところも見てくださいね。
中野選手のスピンにも注目!

派手でインパクトある割に案外難しいことしてないとか、目立たないんだけど実は渋く味のあることやってるなんてのは、フィギュアもエレクトーンも同じ。

まあ純粋に楽しみながら、みなさんなりの審美眼で観戦チェックしてくださいませ。

ようやく暖かくなってきました。
週末は花見できっと盛り上がりますね。

KSXは北上して明日から仙台です。
解説続き…f^_^;
今日は東京はいいお天気でした。
冴っちのライブ「蜜会」に行かれた方々、いかがでしたかぁ?(^^)v

さて、男子SP終わりましたね。
なんだかドキドキしました(*^_^*)

大ちゃん踏ん張りましたね!
今日が今一つだった選手も明日は頑張って…。

さて、昨日の続き。
ジャンプの残りの4種類を。

結構真剣に読んでくれてTV観てくれた人も多いみたいなんだけど、それでもなかなか覚えきれないようで…。
かえって頭を痛くさせてしまいました。

でもそのうち慣れてくるから(^O^)/

スケート興味ない人、ごめんなさ~いm(__)m

[フリップ] ☆☆☆☆
ルッツとは逆に「左足のインサイドエッジで(左足を内側に倒して)」踏み切ります。
割と直線的に滑ってきて、跳ぶ直前にクルッと後ろ向きになってトウを突いて跳び上がったらフリップ。
男子選手はフリップみたいな入りでルッツ跳ぶ人が多いので、たまにわかりにくい。
女子のルッツ、フリップはわかりやすいです。

[ループ] ☆☆☆
右足だけで踏み切る。
エッジ系ジャンプで、トウを突かないでグルンと回るのでわかりやすい。
跳び上がる前、左足が右足の前に交差してるのが判別ポイント。

[サルコウ] ☆☆
踏み切る時に両足がちょっと内股気味で「ハ」の字みたいになるのがKSX的目印。
これもトウを突かない。

[トウループ] ☆
右足に乗り、左足のトウを突いて跳ぶ。
KSX、たまにフリップと間違えてしまいます。

すべてのジャンプは左回転で右足後ろ向き着氷。
なので、コンビネーション・ジャンプのセカンド・ジャンプ以降に使えるのは右足に乗って踏み切るトウループとループだけ。
( たまに逆回転の選手もいるのでご注意。右足と左足の関係も逆になりますよ。)

ループが結構わかりやすいと思います。

昨日のチェックと合わせて「アクセル前向き、ルッツ後ろ向き左足アウトサイド踏み切り、ループ交差踏み切り片足グルン」と覚えてください。

この3つだけ狙ってわかると他もわかってきますよ。

明日の男子は4回転がキメられるか、緊張の中スピンやステップでどれくらい体が動くかで明暗が分かれるとの解説。

水の中のシンクロ、氷の上のスケート…どちらも選手って大変だなぁ~。


アクセル!?ルッツ?
世界フィギュア始まりましたね。
明日からは早くも期待の男子SP(ショートプログラム)が…!

最近はフィギュア・スケート・ブームなので競技の内容に詳しい人が増えてると思いますが、反面よくジャンプの違いなんかがわからないといった話を聞いたりもします。

そこで明日からの男女シングルの観戦ポイントを、KSX素人なりの知識で少しずつ書いてみることにします(←ここは何のblog?…f^_^;)

頭痛くなったら読み飛ばしてね…m(__)m

それではまずは入りやすいところから(^O^)/

前向き踏み切りのアクセル、後ろ向き助走のルッツ

ジャンプ以外にも色々な観点があるとはいいつつ、まずはこの2つのジャンプを覚えちゃうと競技がグッとわかりやすくなります。

[アクセル] ☆☆☆☆☆☆
唯一「前向きに踏み切り、後ろ向きに着地する」ジャンプ。
結果半回転多くなる。
識別しやすいです。

回転数は速くて正解には数えられないので、感覚で見極める!?
女子が普通に跳んでるのはダブル・アクセル(2回転半)で、SPの必須エレメンツ。
前向きに踏み切ってすんごい見栄えがしたらトリプル・アクセルと覚えれば間違いないっ(←いい加減!?)。

多くのトリプル・アクセルは、前向きに大きくカーブに乗って踏み切る形が多いので、滑るコースを見たら次のジャンプ・モーションがわかります。
真央ちゃんのステップからのアクセルは比較的ストレートな入りでいきなり踏み切りだから難しいんじゃないかなぁ?

[ルッツ] ☆☆☆☆☆
アクセルを除いた5種類のジャンプの中での最高難度のジャンプ。
こちらもわかりやすい。
ほとんどの場合「後ろ向きで比較的長い助走」があるので、「ああ次はルッツだな」とわかります。

左足のアウトサイドのエッジに乗って右足のトウをついてジャンプします。
このアウトサイドで踏み切る(エッジが外側に傾く)というのがポイント。
インサイドで踏み切ると「フリップ」という違うジャンプになってしまいます(*_*)

選手を背中から追った映像ならルッツの踏み切り判別できますよ。
よ~く左足のエッジ使いを見てみてくださいね。

女子のトップ選手は、SPのコンビネーションのファースト・ジャンプに持ってくるパターンが多いです。
それも割とフェンス際で跳ぶことが多いかな。

ちなみにアクセルもルッツも人の名前。
一番最初にそのジャンプを跳んだ人の名前がつきました。

☆印は難易度ですが、アクセルを除けばルッツ/フリップ/ループ/サルコウ/トウループという順番に難易度が決まっていて、採点もどのジャンプを跳んだかで基準がかわってきます。
ただし選手の得手不得手があるので、難しいとされてるジャンプの方が得意ジャンプということもあったりするからおもしろいものです。

トリプルを跳び素人目には回りきったように見えても、回転不足ととられてしまうとダブル扱いになり更に減点までされてしまうので、新採点法はシビアなのですぞ。

今日はこのくらいで…。

審判や評論家になるわけじゃないので難しいことは抜きが本筋ではありますが、ちょっとしたルールや内容がわかると実は結構楽しいもの。

まずは見分けが簡単なアクセルとルッツからチェックしてみてくださいね(^O^)v

東京都心は桜が開花しましたが、今宵は冷え込んでいます。
さあ、明日は冴っちのライブ「蜜会」です。
行かれる方は楽しんできてくださ~い!


ふうっ~(*_*)
本日はホントに動き回った一日でした。
そして32,000歩達成、ニンニン\(^O^)/

本日の行程は…


#1 自宅~東京都体育館
なんと朝4時に起床。
6時開始のフィギュアスケート世界選手権の公式練習を観るために…f^_^;
昨晩ふと思いつき計画敢行。
会場まで約1時間のウォーキングののち、無事当日券をゲットしました。

女子の7グループ全部と、男子の序盤2グループを観ることができました。
平日早朝からの公式練習なのに、メインスタンド1階席がほぼ埋まっているのだからすごいっ!

日本の3人娘の時には一際大きな歓声が上がってました。
3人共調子は悪くない感じでしたよ。

真央ちゃんはステップからの3A(トリプルアクセル)を何度か決めてたし、ミキティも4回転サルコウに果敢に挑み転倒はしましたが、着地が決まりそうだった惜しいトライもあったし…難しいコンビネーション・ジャンプはばっちりキメてました。

女子特有のスパイラル・シーケンス(足を上げ、爪先を天井にピーンと向けて滑るやつね)なんかはホント生の方が素敵だね~。
選手によって滑りのスピード感が結構違うんだけれど、これも実際会場に足を運んだ方がよくわかります。

グーンと伸びのあるスケーティングをしている選手はやはり見栄えがします。

男子は数人しか観れなかったんだけど、2連覇中のステファン・ランビエールが超よかったです。
なんというか、華があるんだなぁ~これが…(*^_^*)
変形高速スピンにはどよめきが起きました。

会場には6時間くらいいましたが、思ったほど寒くないとはいえ、さすがに底冷えしましただす。
お昼には打ち合わせのため、会場を出ました。


#2 千駄ヶ谷~目黒
春以降展開予定の公開講座の打ち合わせのため目黒の事務所へ。
渋谷までは歩きましたが、遅刻しそうになったので電車に乗りました。

蜜会のリハ中の冴っちに会いました。
新曲も2曲聴かせてもらいましたよ。
明後日楽しみですね!


#3 目黒~渋谷
楽器店回り。
レコーディング用のソフトを購入。
KSX、この件に関してはなかなかしぶとくリサーチを重ねています。
これまでの勢い一発の直感型から少し変貌を遂げつつある!?


#4 渋谷~六本木~自宅
自宅で体重計に乗ったら、昨日秋田で肥えた分の1kgがきれいに落ちてました。
ちょっと変わってるかな?
こんなに歩いて。
でも歩きながら仕事の構想練れたりして、結構ウォーキングっていいよ!

さていよいよ明日から世界フィギュア始まりますが、KSXこのblogで素人なりに技の解説していきますので、blogチェックしつつTV観戦してくださいね。


(^_^;)
今日は恒例の秋田日帰り強行軍day!

毎度のことながら、この行程はなかなか堪えます。
帰りの飛行機では離陸の瞬間も着陸の瞬間も全く記憶がありませんでした…殆ど瞬間移動の域…f^_^;

秋田では来月ミニ・ライブを行います。

4月にオープンする東北最大規模の秋田北センターの記念イベントとして、8(日)にKSXスペシャル・ライブを開催。
メインロビーでの超至近距離でのコンサート。
お近くの方は是非遊びに来てねp(^^)q 

ウォーキング、結構なインパクトがあるようですが…コメントにあった1時間で2,500m泳ぐ←こちらの方が遥かにすごいです!

そしてヴィオリラ、また共演の機会があるといいなぁ☆とホントに思っていますよ。

さて今晩は早めに就寝して明日は思いっきり早起き…そしてKSX大胆な行動に出る予定です。
果たして起きれるのか!
この作戦が成功したら、その話題が明日のblogを飾るはずです。

なんだかよくわからへんけどおっ楽しみ~…(^O^)/


ちょっぴり寒いです
暖冬だったせいなのか、なんだか春になってからの方が寒く感じますよね。

桜の開花まで東京はあと一週間。
夜の宴が盛り上がるように、早く暖かくなって欲しいです。

さて試験があったり…卒業式もあったり…学生のみんなはいかがお過しかな?
時期的に引越なども多いようですね。
色々なことが動き出す時期でもあります、春は…。

さて、今日は久しぶりに歩きました。
25,000歩…w(゜o゜)w
レコーディング用の材料集め。

いつの間にかTokyoは世界中の流行の発信源になっています。
FFもここから音楽をたくさんの人に発信したい…なぁ~んて志は大きく持ってね。
冴さまも、と~っても癒される新曲が出来たそうですよ。
蜜会が終わったら選曲会議だすな!


お疲れ様です
20070311214607
20070311214103
20070311211105


「Violyre アンサンブル・コンサート 2007 in Plazasol」が無事終了しました。

久しぶりに川崎の駅に降り立ったのですが、新しいショッピング・モールからシンフォニーホールにいたるまで、見違えるように立派に変身を遂げていたのにはびっくり!

楽屋のお弁当は「金兵衛」の銀だらの西京焼き。
これ、うまいの(o^o^o)

さて、会をまとめるヴィオリラの名手小林由美先生とは当日合わせを一回やっただけ…。
でも呼吸はバッチリだったと思います!
気持ちのいいセッション。

ヴィオリラの誕生は2000年。

左手で大正琴の要領で音程を指定しビブラートをかけます。
右手には弓を持ちます。
時折ピチカートも登場しますし、トレモロやハーモニックスも…!

バイオリンやチェロのニュアンスもありますが、ギター的な味わいもあったりして、とても興味深いです。

KSXリハをずっと聴いてましたが、なんだかとても楽しそうでした。
一度やってみたい!!

今日はヴィオリラの微妙なピッチの移ろいやビブラートの味わいに応えるように、ホリゾンタルを普段より更に丁寧にこだわって演奏してみました。

鍵盤をやっている人はたいていホリゾンタルを嫌うけど、エレクトーンにしかない奏法だもんね。

FFファンにもSTAGEA&ヴィオリラの"His Story"、聴いて欲しかったなぁ…(*^_^*)

電気だけど血の通った温もりのあるヴィオリラ、益々の発展をお祈りしてます。
ヴィオリラ
明日のヴィオリラとの共演コンサートの準備をしていますが、いただいた資料音源を聴いて少し驚いています。

「アディオス・ノニーノ」と"His Story"をヴィオリラで演奏している音源なのですが、ヴィオリラがとっても表現豊かで深い響きなんです。

His Storyなんてなんだか自分の曲じゃないみたい…誰か他のアーティストが書いた、すんごくいい曲に聞こえました(*^_^*)

曲集を弾いてもらう機会はあるとしても、なかなか他のミュージシャンにFFやKSXの曲を演奏してもらう機会ってないじゃないですか。

作品が独り歩きしてくれた気がして、とても幸せ!

明日の共演が楽しみです。たくさんの方に聴いていただきたかったのですが、残念ながらチケット完売…当日券もないとのこと。

また様子はblogで報告します!


o(^-^)o
新たなビジネスの世界に身を乗り出した友人とランチ。
友人といっても、一回り近くも年下ですが…。
大きなチャレンジではあるけど、輝く未来のビジョンがあるから…(^O^)v

今日は朗報がありました。前マネージャーが無事出産!!
FFにちなんで、3月9日だから「さん・きゅー」ママになったとは御主人の喜びの弁(*^_^*)v

夕方事務所のスタジオで作業してたら、数年前に退社した前・前マネージャーが訪ねてきてくれました。
彼が担当になったのは、ちょうど10周年記念コンサートの時。
早いものです。
久しぶりに元気な顔を見れてうれしかったです!!

そして20周年イベントを切り盛りする現マネージャーと打ち合わせ…。

こうしてあらためて今日一日を振り返ると、人と人とのつながりというのかなぁ…なんだかとても感慨深いものがありましたよ。
大人のセッション
ミュージカル「ファンタスティックス」の役者さんとオケ・チームの部活動「トランペットクラブ」の練習がありました。

Trp.×2、ピアノ、STAGEAそしてドラムの編成です。

役者さん二人のペットは、音色もフレーズもそれぞれの持ち味が出ていて、カッコイイ!

対してオケ・チームも、半年ぶりとは思えぬ演奏ぶり!?

なんだか一端のジャズ・セッションになってきたような感じが…(^_^;)

2003年の初演終了後にスタートしてもう5年目に突入しようとしています。

こんなに長く続いているのはある意味驚き。

渋い大人のシークレット・セッション、どこかでお聞かせする機会があればいいですが…(*^ー’)

さてミュージカルと言えば、「ゴルフ・ザ・ミュージカル」が月刊ミュージカルの2006年作品ベストテンの13位に選出されたそうです!

うれすぃ~です☆
グイ~ン…\(^O^)/
20070306220729


FFフライヤーが完成しました。
ボチボチみなさまの目に触れることと思います。

東京・大阪・福岡での「YECウィナーズコンサート」の会場でも配布されます。

ロケットの太陽系冒険飛行に見立てた年表が楽しい!

もうすぐ蜜会、そしていよいよ来月からレコーディングがスタートします。
帰京
新幹線でもう何百回も通り過ぎてるのに、一度も降り立ったことのない熱海の街。

夕暮れ時、海岸線沿いの建物の明かりが綺麗です。とても惹かれます。

さて、3/11(日)「ヴィオリラアンサンブルコンサート2007 in Plazasol」(スター楽器)にゲスト出演します。
場所は川崎駅西口直結のラゾーナ川崎プラザ内。

ヴィオリラとのセッションもします!

是非遊びに来てくださいね(^O^)/

春の嵐、気をつけてね!


3月
20070303015522


あっという間に3月ですね。
暖冬のまま春を迎えるのでしょうか?

定例の大阪シリーズ滞在中。

いつもより少し遅い新幹線に乗ったのですが、新型車両でした。
新幹線も日々進化中!?

韓流ドラマ「春のワルツ」が最終回でした。

最近富に涙腺が弱くなったような気が…。
最終回だというだけで、ちょっと胸が苦しくなる…f^_^;

インフルエンザ流行っているみたいですね。
みなさん気をつけて…そしてお大事にね!





プロフィール

ksx

Author:ksx
加曽利 康之

青山学院経済学部卒業。
インターナショナルエレクトーンフェスティバル’80 グランプリ受賞。
エレクトーン演奏グレード1級。

ポップなメロディーセンスと透明感のあるKSX(カソリックス)サウンドで多くのファンを魅了し、常に時代の流れを作ってきた。NHK「ニュースワイド」を始めとするTV音楽制作や世界フィギュアスケート選手権、世界フリースタイルスキー選手権モーグル、ワールド・ゲームズ等のスポーツ・ビッグ・イベントへの登場。さらに亜門版ミュージカル「ファンタスティックス」での演奏や音楽監督をつとめた「ゴルフ・ザ・ミュージカル」(東宝・PARCO)などでも大きな話題を呼ぶ。また教則本「魔法のレジスト」等の出版や即興演奏シリーズ「200曲制覇マラソン」を敢行するなど、独特のスタンスでエレクトーン界をリードする。近年では都立桐ヶ丘高校、横手清陵学院の校歌も手がけており、メロディーメーカーとしての評価は高い。

キーボード・ユニット FUNKY FOX での活動もおなじみ。今年結成20周年を迎える。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

QRコード

QR

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。